星神社のお弓祭り -木積の星神社-

北川郷の5ヶ村にて、かつては3ヶ所で各年持回りで行われていたらしい
現在は木積の星神社のみで、奇数年の隔年正月8日に行われる
a0078341_17174042.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L





間違うて隣の山のテッペンまであがっちょった (;´Д`)ハァハァ

さて、高知市から約1時間半
国道55号線土佐東街道、田野町から県道206号中芸高校向きに入り奈半利川西を北上する
長山発電所手前を西向きに入り、谷間に沿って上がる、標高300m

なお、長山発電所から少し奥、奈半利川を東に渡ったところが
北川郷大庄屋がいた旧柏木村、中岡慎太郎はここの生まれである

所々に大きな古木、大きく育った杉が点在し驚く
a0078341_17182985.jpg
EOS-5D MarkⅡ CONTAX Carl Zeiss Planar 1.4/50 T MMJ 68番台 開放

a0078341_22382778.jpg
EOS-5D MarkⅡ CONTAX Carl Zeiss Planar 1.4/50 T MMJ 68番台 開放

a0078341_17494411.jpg
EOS-5D MarkⅡ CONTAX Carl Zeiss Planar 1.4/50 T MMJ 68番台 開放

幕末期、この北川郷の環境は厳しく貧しかったと言われるが
藩政期からこの地域の森林資源などが注目され始め
一方では奈半利川河口域の奈半利や田野では豪商が出るほどで
明治中期に林道開設、昭和初期には魚梁瀬森林鉄道も完成し商業も盛んだったようである
この鳥居は往時を偲ばせるものである、と思う (^^ゞ
a0078341_17591313.jpg
EOS-5D MarkⅡ CONTAX Carl Zeiss Planar 1.4/50 T MMJ 68番台 開放

この神社は他所で建立、その扉を残してほぼ出来上がった夜
大木を踏み倒してここに鎮座していたと言う
a0078341_17592897.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L

樹齢400年の杉、御神木
中岡慎太郎がいたころにも間違いなく有った杉の木
a0078341_19333663.jpg
EOS-5D MarkⅡ CONTAX Carl Zeiss Planar 1.4/50 T MMJ 68番台 開放

観音堂と寺跡之碑
「高法寺に並列して二社ノ妙見宮があり、弓の神事が行われていた」
明治元年の神仏分離令で仏教的社名の排除、妙見社が星神社と改称される、とある
今でも神社の祭典に神職と僧職が同列する
また、星神社の伝承とされる多くは高法寺の伝承であると云う

なお、「州郡志」(1707~1722)には「高法寺跡」の記載があり
その頃にはもう寺はなく、高法寺廃寺以降は松林寺が管理していた、ともある
松林寺は柏木中岡家のすぐ上にあり、幼少時に慎太郎が読み書きを習ったところ
この松林寺も今は跡碑と門があるのみである
a0078341_19342252.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L

a0078341_19354941.jpg
EOS-5D MarkⅡ CONTAX Carl Zeiss Planar 1.4/50 T MMJ 68番台 開放

a0078341_19373053.jpg
EOS-5D MarkⅡ CONTAX Carl Zeiss Planar 1.4/50 T MMJ 68番台 開放

a0078341_19374595.jpg
EOS-5D MarkⅡ CONTAX Carl Zeiss Planar 1.4/50 T MMJ 68番台 開放

勉強しました (;´Д`)ハァハァ
a0078341_931366.jpg
iPhone4 ProCamera

なお、神仏分離令の記録に中岡源平の名がみえる
嘉永二年四月、父小伝次がその叔父の子を養子に迎えたのが源平である
のち慎太郎が惣領(跡取り)となる含みがあったとされる
a0078341_9462380.jpg
iPhone4 ProCamera

撮影:2011年1月8日

by ji5isl | 2011-01-09 17:59 | イベント