勝手に写真日記


by ji5isl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

はりまや橋

「The Harimaya Bridge はりまや橋
監督・脚本/アロン・ウルフォーク
出演/ベン・ギロリ、高岡早紀、清水美沙、ダニー・グローヴァー
a0078341_19455863.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF135mm F2L





播磨屋橋と書き、平仮名は俗名
かつて更に西に延びていた堀川を埋め立てて現在は川はない
で、地元で「はりまや橋」と言うと
一般的にこの交差点か地区(町名)を指す
なお、1928年頃には「東洋一の交差点」とも謳われた、とある(Wikipedia)

正面にはデパート「とでん西部」があったが
西部の撤退で現在空き地、はりまやの一等地が(><)
今日聞いた話では、考えられない位の安値で売りに出てるらしい
a0078341_19462377.jpg
EOS-5D TAMRON AF28-75mmF2.8 A09E

「はりまや橋」の経緯
江戸時代初期に豪商・播磨屋と櫃屋(ひつや)が
お互いの往来のために架けた私設の橋が公道となったもの

明治41(1908)年に鋳鉄製の橋に架けかえ

昭和25(1950)年に戦災復興により石造りの欄干を持つ橋となるが
昭和33(1958)年歩道と車道の境に朱塗りの欄干が登場
1960年代になって堀川は埋め立てられた

平成9(1997)年事業でこの朱塗りの欄干を撤去し(現在地下道に)
石造りの欄干をその場所に移設
あらたに朱塗りの欄干をもつ太鼓橋の設置(現在の朱塗り欄干のもの)

さて、「はりまや橋」はいくつあるか (^^ゞ
a0078341_19464445.jpg
EOS-5D TAMRON AF28-75mmF2.8 A09E

a0078341_19465666.jpg
EOS-5D TAMRON AF28-75mmF2.8 A09E

a0078341_1947862.jpg
EOS-5D MarkⅡ CONTAX Carl Zeiss Distagon 2.8/21 T MMJ

時間が来ると龍馬、高知城、はりまや橋
最後によさこい踊り子さんが出てきてにぎやかに (^^ゞ
a0078341_19471827.jpg
EOS-5D TAMRON AF28-75mmF2.8 A09E

a0078341_19473032.jpg
EOS-5D TAMRON AF28-75mmF2.8 A09E

さて、はりまや橋は「日本三大がっかり」とも言われる(><)
なお他の二つは、沖縄県の守礼門、札幌市時計台
a0078341_19474033.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF135mm F2L

a0078341_1948473.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF135mm F2L

純信とお馬.恋物語
はりまや橋に欠かせない話だが・・・

「かんざし」を買ったのはお馬の元愛人で、純信の弟子の慶全
純信に傾いたお馬の気持ちを取り戻そうとしたもので
慶全追放後、恨みから純信の仕業だと触れ回ったものだといわれている。
・・・だと、二人はこの「はりまや橋」には直接かかわりはないような (^^ゞ
a0078341_19481679.jpg
EOS-5D MarkⅡ CONTAX Carl Zeiss Distagon 2.8/21 T MMJ

純信とお馬の関係が始まったのが1853年10月頃と言われている
お馬、なんと1839年12月生まれ、この頃は14,15?
純信は1819年生まれの20歳年上
(なお龍馬は1836年1月3日生まれ)
a0078341_19482625.jpg
EOS-5D TAMRON AF28-75mmF2.8 A09E

純信とお馬の噂が世間に立つようになり
純信は寺にお預けとなって監視されるようになると
安政2(1855)年に駆け落ち、間もなく金毘羅で召捕らえられ
3日間の面晒し、純信は国外へ追放、お馬は安芸川以東へ追放
a0078341_19483634.jpg
EOS-5D TAMRON AF28-75mmF2.8 A09E

ところが翌年、純信は行商人になりすまして潜入、乱暴とある
この時にはお馬にはその気がなかったのではないかとも言われているが
純信は再度国外追放、お馬も須崎方面に追放になっている

はりまや交差点 北(高知駅)向き
a0078341_1948497.jpg
EOS-5D MarkⅡ CONTAX Carl Zeiss Planar 2/135 T AEJ

更に更に純信、その半年後に川之江から熱烈なラブレターを書いている
河田小龍が旅すがら預かり、お馬に渡す機会なく残っている

ひょっとして・・・
龍馬はこの話を小龍から直接聞いてるだろうか、と思ったりする (^^ゞ
また、かんざしを売った橘屋と龍馬は親しく交際していたと伝えられている、とか

はりまや橋交差点 東向き
a0078341_1949023.jpg
EOS-5D MarkⅡ TAMRON AF28-75mmF2.8 A09E

撮影2009年6月13日・14日

Commented by isyota at 2009-06-27 16:08 x
1枚目、やっぱ人物を絡めた方が絵になりますね。
おねーさん川に何かを発見したのかな。
土佐の~高知の~って歌に出てくる、有名なはりまや橋ですね。
ホント、いくつもあるんですね。からくり時計にもあるとは。
Commented by tosakintaro at 2009-06-27 22:37
知っている「はりやま橋」ですけど他にもあるとは全然知らなかったです。
歩道橋からのアングルだと思いますが、あまり見ない風景なので新鮮でした。
Commented by hayabusa47 at 2009-06-28 07:58
おはようございます。
1枚目がお気に入りでっす(笑)
「はりまやばし」  昔、バイクツーリングで高知を訪れて、「えぇ!?これがそうなん?」って思った記憶が・・・
引っ越し準備が全然進んでません(^^:
Commented by tabikiti at 2009-06-28 11:25
改めて
ji5islさんの郷土愛を感じました。
痛風は?
Commented by ji5isl at 2009-06-28 13:15
isyotaさん
今、川はないんですよ(笑)
一応模して水をはってますが。
Commented by ji5isl at 2009-06-28 13:17
tosakintaroさん
歩道橋からは時々撮っております、景色は限られますが。
Commented by ji5isl at 2009-06-28 13:23
hayabusa47さん
やっぱり女性が入った方がねぇ (^^ゞ
はりまや橋、残念ながら今の紅い欄干を見ると余計当時が見
えなくなるというか・・・。地下道にあった古い写真を載せまし
たのであわせて思い巡らしてみてください。
よさこい、今年は駅前でもやるとかやらんとか。
年休使って是非おいでください (^^ゞ
Commented by ji5isl at 2009-06-28 13:26
tabikitiさん
はりまや橋周辺に志士達の銅像を是非建てたいものです。
更ににぎやかになると思うのですがどうでしょう。
by ji5isl | 2009-06-26 20:06 | 史跡・観光・場所 | Comments(8)