勝手に写真日記


by ji5isl
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

青蓮院宮令旨事件

「御令旨等、拝戴致し候仕業、上を欺き奉り、不届き至極」 (罪状文)

文久3(1863)年6月8日
平井収二郎、間崎哲馬、弘瀬健太の3士、切腹
a0078341_23371650.jpg




a0078341_23373495.jpg

a0078341_2338746.jpg

平井が首唱し間崎、弘瀬とともに企てた計画は
青蓮院宮に、前土佐藩主に対し「藩政改革の令旨」を下してもらい
一気に藩政改革を実現しようとするものだった
文久二年十二月十七日

土佐勤王党にとっては前途は意気揚々としたものであったろうか
翌文久三年正月の平井のうたとある
「梓弓春立ちくればおのづから物思ふ身も長閑(のどけ)かりけり」

平井収二郎墓所
関連記事はこちら → 平井収二郎墓所/生誕地と平井加尾
a0078341_2338253.jpg


「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と云われる容堂だが
「勤王」は過激化する勤王党、武市らを一時的に懐柔するための方便ではなかったか

吉田東洋は暗殺され、攘夷過激派による天誅と称する暗殺が横行するなか
文久二年十月には土佐藩主豊範の参勤の兵を護衛に
半平太は三条実美、姉小路公知を正副・勅使とする一行に随行する
柳川左門と変名、公卿の「雑掌」となる勢いである

下士ごとき「我が藩の軽格の仕業」である

容堂の帰国は三月二十六日で、帰国後勤王党弾圧が始まるが
その直前の三月十五日には
半平太は「京都藩邸留守居加役」へと下士からの異例の昇進をする

間崎哲馬邸跡
a0078341_23384210.jpg

勤王との幹部でありながらNHK「龍馬伝」にも出てこない間崎哲馬だが
土佐の三大奇才とも云われた人物で
吉田東洋の塾に学び、吉村虎太郎、中岡慎太郎らの師でもあった

彼には海軍への志向があり
龍馬が勝海舟を訪ねるきっかけとなり
また、春嶽、海舟と最初に面談したのも彼と一緒だった、との説がある
これはまたいずれ

なお、弘瀬健太の資料は両氏以上に乏しい

弘瀬健太生誕地、邸跡
a0078341_2339496.jpg


弘瀬健太墓所
a0078341_23392090.jpg

a0078341_23394435.jpg

さて、三士には脱藩を勧める声も高かったが
半平太が自首状を提出させ、藩主、藩庁に従順させた
半平太は自らの切腹まで騙され続ける、のである
土佐勤王党の維新での役目は終わった

「どうして龍馬と付き合わんのだ」 "武田"海舟の声が聞こえてくるような
a0078341_234039.jpg

a0078341_23402169.jpg

a0078341_23403796.jpg

彼らもまた維新の捨て駒になった

Canon EOS-5D MarkⅡ、CONTAX Carl Zeiss Planar 1.4/50 T AEJ 59番台
ZUIKO FISHEYE 16mm F3.5、EF17-40mm F4L、EF300mm 1:4L IS

撮影:2010年5月9日

Commented by isyota at 2010-05-19 11:33 x
前回で平井収二郎逝っちゃいましたね。
こういった資料、龍馬伝を見るのに大変参考になりますね。
Commented by ji5isl at 2010-05-19 21:01
isyotaさん
「龍馬伝」と違って3人逝ってるんですよね、本当は。
顕彰する意味でも3人を取りあげたかった。
Commented by hayabusa47 at 2010-05-19 21:41
こんばんは。
カメラ買わずに古書を買いあさった成果が出てますね(笑)
龍馬伝、うちの奥さんがハマっておりますが、私は見ておりませんです(^^:
Commented by ji5isl at 2010-05-19 23:40
hayabusa47さん
先ほどまたまた8冊ほどポチしてしまいました。
うち4冊ほどはほとんどが写真入りの本ですが、読むのに忙
しくて (^^ゞ
Commented by Neoribates at 2010-05-20 00:58 x
「御令旨等、拝戴致し候仕業、上を欺き奉り、不届き至極」の文を収二郎の墓碑に加尾が刻したわけなの?すざまじいものがありますねぇ.
Commented by ji5isl at 2010-05-20 08:37
Neoribatesさん
いや失礼、「御令旨等、拝戴致し~」は罪状文です。
収二郎の獄中での爪書きを加尾が墓に刻んだものです。
これは官吏に削られたままです。
「~世を憤り国を憂い、忠臣まず傷つく」
Commented by qchan1531 at 2010-05-20 20:09
その爪書きが、いま江戸東京博物館に展示されていると
おもうのですが、
そこだけ人の流れが止まっていましたよ。
私はどちらかというと、見ていられない小心者ですが。
Commented by ji5isl at 2010-05-20 23:36
qchan1531 さん
爪書きの原版なのでしょうか・・・気になるところです。
収二郎も天誅と言う名の暗殺にかかわってますからね、皇国
のためと一方的に言ってもねぇ、ムシのいい話ではあります。
Commented by enokama at 2010-05-21 21:33
「青蓮院宮令旨事件」
あの脚本だと一般の視聴者は何の事件なのか、さっぱりわからなかったんじゃないでしょうか。
僕でも今だに、きっちり文章立てて説明することができません・・・
天誅が引っかかる平井はともかく、間崎は容堂ごのみの秀才でなぜ斬られたのか。
弘瀬は平井と同様な動きをしてたためなのか。
結局は時代考証の人(この人は名前だけで無知と言う噂ですが)
も理解できてないんでしょうね。。。

あと幕末の傑物・横井小楠に対して殿様の前であんな失礼な態度を取らせて、平井の事を語らせていましたが
さっぱり理解に苦しむシーンでした・・・
Commented by ji5isl at 2010-05-21 23:07
enokama さん
弘瀬も暗殺に加わっていますね。
間崎はむごいような気がしますが、事件発覚後も容堂の酒の
席で攘夷攘夷とうるさく言ってたし同様に見られたのでは。
あの時点での勤王党は本当にうっとおしい。
>さっぱり理解に苦しむシーンでした
そうなんですが、龍馬伝、所々鋭いセリフが散見される様な。
この「収二郎は終わった」旨の発言、
東洋の半平太に対する「浅はかな」旨の発言、
同「わしはえいがじゃ」等々・・・

近江ツアーですか、
私は連休中墓場ツアーでした。まだ墓場が出ます (^^ゞ
by ji5isl | 2010-05-18 23:22 | 幕末関連 | Comments(10)