勝手に写真日記


by ji5isl
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

岩崎弥太郎の志の地 安芸市妙見山星神社

弥太郎二十歳の江戸遊学に際し
その決意をこの山の星神社、社殿の扉に大書したと伝わる
a0078341_23373185.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L 開放





いくつかの書物には

後日 英名を天下に轟かざれば 再び帰りて此の山に登らじ

などとあるが正確には知らん(><)

天下の事業はこの手腕にあり
吾れ、志を得ずんば、ふたたび此の山に登らず


ってのもある、漢詩が得意だったとあり、元は漢詩だったろうか

a0078341_23391320.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L F9.0

a0078341_23394160.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L 開放

安芸球場の方から上がる、左に拝殿、右は井ノ口側の登山道に続く
なお、井ノ口側とは弥太郎生家の方からの登山道
a0078341_2340964.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L F5.6

井ノ口側の登山道を眺める、歩いて上がるのは私には無理
a0078341_23404498.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L F5.6

登山道からの到着付近
a0078341_2347794.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L 開放

a0078341_2349165.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L 開放

寛政(1789~1800年)年間と彫ってある、弥太郎登頂時にはあったものかと
a0078341_23493651.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L 開放

a0078341_23535338.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L F5.0

a0078341_23574468.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L F5.0

龍馬の「龍」の字やイラストがあったりする
a0078341_23585462.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L 開放

a0078341_041470.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L 開放

a0078341_045353.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L 開放

a0078341_051412.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L 開放

開けてみた (^^ゞ
a0078341_082172.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L 開放

a0078341_091027.jpg
EOS-5D MarkⅡ EF17-40mm F4L F4.5

さて、弥太郎と龍馬、その仲はどうだったんでしょう ハテサテ

撮影:2010年5月2日

Commented by Ms gekkouinn at 2013-08-20 04:59 x
初めまして。この夏、土佐高知にささやかな旅に出かけた月光院と申します。その折り、思いがけず時間が出来ましたので、安芸に向かうことにし岩崎弥太郎の生家に行って参りました。
そこで、妙見山の星神社のことを伺い、ああ、弥太郎が志を立て誓願した神社だと思いながらも、行きかねてしまったことが残念でなりませんでした。
拙ブログで、いま、土佐旅行での思い出を掲載中で、やっと、弥太郎の生家をご紹介する段になりました。星神社の写真がないため、ネット検索したところ、貴サイトがヒット致しました。大きな写真付きで、かつ、とても丁寧な記事に感激しました。山道と神社をお写真を拝見し、「ああ、行けば良かった」という後悔の念が起こった程でございましたが、またの機会に譲り、拙ブログでこちらのサイトを
ぜひご紹介させていただきたく思い、拙ブログの記事にリンクを貼らせていただきたく存じ、ご挨拶申し上げる次第です。ブログ記事のアップは、21日の予定でございます。
素晴らしいサイトをアップしておられることに、感激と共に感謝の思いを抱きました。ありがとうございました。
Commented by ji5isl at 2013-08-20 21:09
Ms gekkouinnさん
ご来高ありがとうございました。
リンクの件ありがとうございます。
がっかり名所と言われるはりまや橋ですが、歴史を知ってれ
ばそうでもありません。更に「はりやま界隈」で捉えれば歴
史の宝庫です。
下記前後の記事をご覧下さい
http://ji5isl.exblog.jp/8508240/
更に下記シリーズの記事をw
http://ji5isl.exblog.jp/9053776/
なお、岡田以蔵が打ち首になったのも、
現はりまや町の一角です。
安芸のら時計はそこまで真剣に観たことがないですwww
by ji5isl | 2010-05-12 23:32 | 幕末関連 | Comments(2)